☆苔ぽんのかぶにっき

兼業、株ときどき畑、米国株・日本株に投資する平凡投資家 キリッ(๑•̀.•́ฅ✧

1.状況
現時点で、各種メーカーのパソコンに、インテル製のCPUを優先して搭載している状況は変わらない。
・デル
・レノボ
・HP
・NEC
・富士通

先日発表した3rd generation Intel® Xeon® Scalable processorの「Cooper Lake」をAlibaba, Baidu, Facebook and Tencentは採用。同様にMicrosoft Azureも、一般用途とmemory最適化仮想マシンに採用。

※1
Cooper Lakeは、第2世代のCascade Lakeに続くデータセンター向けCPUであり、Cascade Lakeと同じ14nmのプロセスルールで製造される。

7nmスケールの開発が遅れているとのことで株価は急落したが、その問題のroot cause解析の結果、インテルは、fundamentalに問題ないと考えている。

2.業績の行方
以下の状況を考えると、今後も業績は安泰のように見える。
・パソコンのCPUにインテルが採用されることが世の中の主流という流れに変化なし。※2
・コロナきっかけで在宅勤務の増加・学校のオンライン学習の増加
・ECの世界的広がり
・5G投資の本格化
・より早い速度のパソコンを求めるという需要

※2 アップルがCPUを自社開発に切り替えると宣言した。その点では、業界の動きを注視する必要はあり。

2.株価の動き
過去の株価を見ると、インテルやアップルの決算をきっかけに、一時的に全体の株価が下落することは多かった。今回も、同様になる可能性は高いので、短期トレーダーは注意が必要。

3.結論
INTLとAMDを1:1で買い。気が向いたら、TSMも買い。

ナスダックが歴史的な高値に到達。急落が懸念されています。

買いたい銘柄をピックアップ。

2020/7/10、終値USD

1 MSFT マイクロソフト 213.67
2 DOCU ドキュサイン 210.11
3 AMZN アマゾン・ドット・コム 3,200.00
4 ZM ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ 275.87
5 SHOP ショッピファイ 1,031.86
6 WDAY ワークデイ 195.88
7 DDOG データドッグ 96.41
8 CRWD クラウドストライク 116.65
9 AYX アルタリクス 178.02
10 PYPL ペイパル 178.4
11 QQQ インベスコQQQ 信託シリーズ1 263.97
12 VOO バンガード・S&P 500 ETF 291.8
13 NVDA エヌビディア 419.17
14 XLNX ザイリンクス 99.14
15 BYND ビヨンドミート 135.03

1.ネガティブ
夏枯れ(外国人投資家のバカンスシーズン、7/1 - 9/7(labor day))
S&P500売り残が急減
6/12-22に小型株天井。引き続き売り増加

2.ポジティブ
amazon高値更新 PER100倍続く
テスラがトヨタの時価総額超える⇒EVへの関心
騰落指数が80台まで下落。指数的には底までもう少し。

3.売買
米国株は、Amazon買って次の日売って、その後すでに約10%高。コロナ患者は過去最高を更新しているアメリカ。そんな中での上げ。

日本株は、優待と配当目当ての最小PFで、防御態勢を継続中。

米国株の優良企業は、みんなが知っている銘柄ばかり。
AMZN アマゾン 通販
NFLX ネットフリックスオンライン動画
GOOGL グーグル 検索
MSFT マイクロソフト Windows/Teams
ADBE アドビ Adobe Acrobat
AAPL アップル iPhone


毎年赤字だが毎年改善、急成長中で株価も堅調な銘柄は次の2銘柄。

BYND ビヨンド・ミート 豆肉 業績順調
DOCU ドキュサイン 署名IT企業 2019年来3倍。上昇中、赤字企業、毎年改善。

今日は銘柄入れ替え。

レオパレス・小野薬品・神戸物産・ワークマンを手放し、鉄鋼・化学・機械・小売 を購入。日本株の持ち残高は少し縮小。

日本株は、一部のバイオ関連の盛り上がりが継続。監視してなかったので、全く乗れず。。

米国株は、航空会社の値上がりが継続。普通に乗ればいいのかな?

レオパレスは、コロナ騒ぎの中で80%を維持したのだから、ホルダーとしては爆上げを想定してたら、下げでした。市場の期待と自分の認識に違いを感じたので、値動きも悪いことから、残念ですが、手放しました。いずれ持ち直すと考えているので、監視は続けます。

ビジネスエンジは、好業績・年配当4回の優秀な会社ですが、知名度が低く、なかなか上がらないですが、いずれ必ず水準訂正が来るはずなので、気長に持っています。

コード 銘柄名 現在株価 上昇率 理由 注目日 注目日終値
1717 明豊ファシィリティ 559 0.0% beforeコロナ好業績 6月8日 559
2222 寿スピリッツ 5270 -2.2% beforeコロナ好業績 6月2日 5390
2782 セリア 3670 4.7% 見直し買い 6月2日 3505
3038 神戸物産 6100 0.0% 業務スーパー 6月8日 6100
3298 インベスコ・オフィス 16240 0.2% REIT 6月2日 16200
4528 小野薬品 2937 0.0% 本庶氏の提訴6/5発表で下落。 6月8日 2937
4754 大幸薬品 2207 -6.2% withコロナ。消毒クレベリン爆益。 6月3日 2354
4828 ビジネスエンジ 2747 0.0% コロナ無関係に好業績 6月8日 2747
4985 アース製薬 7280 1.0% 2020 1Q暖冬で好業績。今夏は猛暑。 6月3日 7210
5401 日本製鉄 1176 5.7% 見直し買い 6月7日 1113
6136 OSG 1807 7.9% 高シェアの精密切削工具大手。 6月4日 1675
6191 エアトリ 1402 5.4% beforeコロナ好業績 6月2日 1330
6287 サトーホールディング 2649 1.7% 世界一の 6月2日 2605
7474 レック 1746 0.0% 日用雑貨、サニタリ用品 6月8日 1746
7564 ワークマン 9260 0.0% 成長著しい 6月8日 9260
7979 松風 1599 0.0% 歯科材料ニッチ。実は、成長株。 6月8日 1599
8848 レオパレス21 246 -9.6% 業界No.1 6月2日 272


コード 銘柄名 現在株価 上昇率 理由 注目日 注目日終値
2222 寿スピリッツ 5250 -2.6% beforeコロナ好業績 6月2日 5390
2782 セリア 3545 1.1% 見直し買い 6月2日 3505
3298 インベスコ・オフィス 16160 -0.2% REIT 6月2日 16200
4754 大幸薬品 2375 0.9% withコロナ。消毒クレベリン爆益。 6月3日 2354
4985 アース製薬 7540 4.6% 2020 1Q暖冬で好業績。今夏は猛暑。 6月3日 7210
6136 OSG 1675 0.0% 高シェアの精密切削工具大手。 6月4日 1675
6191 エアトリ 1268 -4.7% beforeコロナ好業績 6月2日 1330
6287 サトーホールディング 2655 1.9% 世界一の 6月2日 2605
8848 レオパレス21 236 -13.2% 業界No.1 6月2日 272

天井売りの銘柄が増える中で、値動きが底堅いのが、次の3銘柄。
2782 セリア
4985 アース製薬
6287 サトーホールディング

もっともパフォーマンスが悪いのが、
8848 レオパレス

業界NO.1で、他社にない強みを持っている会社で、本日の出来高は、平常時の10倍。今後のコロナの終息度合にも左右されるが1000人の希望退職を募った今が底と見る人と、とりあえず敬遠して売った人のせめぎあい。今後の動きに注目。

いくつか、アフターコロナ銘柄をピックアップしました。
どれもお宝銘柄になり得るポテンシャルを持っています。

長期で持つほど、その威力は発揮します
そのため、時々、上昇率を投稿します。

コード 銘柄名 株価 現在株価 上昇率 理由
2222 寿スピリッツ 5390 5390 0% 景気がよい時は業績よい
2782 セリア 3505 3505 0% 見直し買い
3298 インベスコ・オフィス 81000 81000 0% REIT
6191 エアトリ 1330 1330 0% 景気がよい時は業績よい
6287 サトーホールディング 2605 2605 0% 世界一の
8848 レオパレス21 272 272 0% 業界No.1

世界のコロナ患者数が気になったので調べた。

20200531-usa202005313 russia

USとロシアの推移が似てる。。経済活動を優先して、緩和解除に動いたのが同じだからかも。
どこかで飽和するはずだけど、、今後も注意必要。

202005312 brazil

202005314 india

ブラジル・インドの上昇が止まらない。特にブラジルひどい。
知ってる範囲では、インドは自粛しているので、自粛してない地域があるのかも。

202005315 peru

ペルーは急増中。

202005316mexico

メキシコはいったん下げ始め。
先進国(アメリカ、ロシア以外)は、自粛につとめ、その効果が出てる。
緩和が世界的に開始されたので、今後も、時々、確認します。

コロナの一日あたりの世界の患者数が高止まりしています。
先進国では、大体下落傾向なのに、疑問に思い、調べてみました。

1.ロシア、1日あたり10000人。直近では下落傾向です。
2.インド、4~5月から急増。現在1日あたり7000人で高止まりです。
3.ペルー、1日あたり4000人。
4.メキシコ、1日あたり4000人に迫る勢い。まだ上昇の勢いがあります。
5.サウジアラビア、1日あたり2500人。下落傾向ですが。
6.その他、チリ、パキスタン、カタール、エジプト等が上昇傾向でした。これらの国では5月から増えているので、人の往来に何か関係があるのかもしれません。

アフターコロナ、広告・イベント関連銘柄について、少し調べたメモ書き程度。

2180 サニーサイド、時価総額112億円
・収益性が低い。
・決算短信見ただけでは、事業内容が分かりやすい。
・チャートがよい。

4324 電通グループ 東証1
・チャートがひどい。2015年から下落継続。
・テレビ広告などが主力の電通は世界的な広告の受注減が続いている。

4751 サイバーエージェント
19.10-12、20.01-03 の営業益の変化が大きい。
・コロナ前なので、BIG CHANGEが起きている、と考えられる。
・とは言うものの、過去のチャートでは、上げると下げるを繰り返しているので、過信は注意。

4767 テー・オー・ダブリュー、東証1、時価総額146億円
・チャートがひどい。
・収益性・成長率が高い。
・直近の決算は、「4月以降計上予定案件の中止による3月への前倒し計上があったため、当第3四半期連結累計期間は、前年同期比増収増益となりました。」が、よく分からない。
・決算短信見ただけでは、事業内容がよく分からない。

結論
買うなら次の銘柄が有望。
「サニーサイドアップ」
「サイバーエージェント」

米国株ポートフォリオ

米国株は、、、直近では、一進一退が続いています。

口座区分 ティッカーコード 銘柄名 保有数量[株] 表示通貨 時価評価額[円] 評価損益[円] 損益率[%]
特定口座 VOO S&P 500 ETF 244 6,869,373 -1,040,177 -13.15
特定口座 VCR米国一般消費財・サービス・セクターETF 41 774,259 -137,138 -15.04
特定口座 VGT 米国情報技術セクターETF 26 689,238 -87,091 -11.21
特定口座 VPU 米国公益事業セクターETF 46 591,691 -182,286 -23.55
NISA口座 VOO S&P 500 ETF 26 731,982 -132,684 -15.34
9,656,543 -1,579,376

日本株ポートフォリオ

医薬品、情報通信、食料品、建設を新規に加えました。
コロナ自粛で、不動産株は低空飛行中。
日本株PFは、-425,679 で、絶賛含み損中です。。
利益確定したものはPFに入っていません。

20200518 JPF


「2222、寿スピリッツ」
・2020年3月度、前年同月比44.8%減。コロナ対策で世界的に自粛が進む中、直営店、催事販売、交通拠点チャネルがメインの卸販売、海外向け売上など主要な販売チャネルでの売上高が軒並み大幅に落ち込み。
・キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント・カンパニー」が持ち株5.15%→6.64%に増加した。報告義務発生日は3月13日。いい時に買いを入れてる。

観光土産・イベント ×
自分へのご褒美 〇

「8848 レオパレス」
・同社が建築するアパートの入居者は大きく社宅、学生・個人向けとあり、このうち社宅(法人契約割合)は56%と最大。逆に個人が44%。コロナ自粛で個人需要は減少のため、3~5月はおそらく損益分岐点の80%を割っている。
・ただ、全国57万戸の物件網。大半が家具・家電付。マンスリー契約に対応。という強みを持つので、アフターコロナ銘柄として注視というか、コロナ前からこの銘柄を持っているので放置プレイ。
・足元の2020年3月期第3四半期時点では、補修工事関連損失引当金については146億円と前期末時点から350億円近く減ったが、空室損失引当金は127億円と前期末より40億円ほど増え、純資産は570億円に減少。純資産の推移には注意が必要。

「9616 共立メンテ」
・寮事業 〇
・ホテル事業 ×
・ビルマネジメント 〇
・20.01-03、過去5年で初の営業赤字。ホテル事業が影響。
・個人的に、ホテル「ドーミ―イン」が気に入っている。外人の人気も高いので、インバウンドが戻れば、V字回復が期待される。

総括
世界的に人の動きがV字回復するにはまだしばらく時間が必要かもしれない。
ただ、「株価は6か月先の業績を見る。」この原則に従えば、株価が少しずつ回復することを期待している。

2020/4/25 日本株の持ち株 損益状況

週末時点での持ち株の状況をまとめました。
業務スーパーと半導体関連は利確して、今は持っていません。
「SELL IN MAY」が近づいていますが、フルポジなので、やれることは少なく、放置プレイ継続です。
早くコロナが収束してほしいですが、今の罹患率だと、長引きそうです。

■特定口座
銘柄コード 銘柄名 保有数量[株] 平均取得価額[円] 現在値[円] 時価評価額[円] 評価損益[%]
4828 ビジネスエンジニアリング 100 3,098 2,339 233,900 -24.49
7979 松風 100 1,826 1,596 159,600 -12.6
8591 オリックス 100 1,362 1,170 117,000 -14.1
8803 平和不動産 100 3,087 2,803 280,300 -9.2
8986 大和証券リビング投 2 104,232 88,400 176,800 -15.18
9055 アルプス物流 100 841 705 70,500 -16.17
特定口座合計 1,038,100 -15.59
■NISA口座
銘柄コード 銘柄名 保有数量[株] 平均取得価額[円] 現在値[円] 時価評価額[円] 評価損益[%]
3298 インベスコ・オフィス・Jリート 5 22,920 14,940 74,700 -34.81
7596 魚力 100 1,544 1,444 144,400 -6.47
9057 遠州トラック 100 2,146 3,640 364,000 69.61
NISA口座合計 583,100 20.57
■信用口座
保有数量[株] 平均取得価額[円] 現在値[円] 時価評価額[円] 評価損益[%]
8848 レオパレス21 2100 345.76 232 487200 -32.90

2020/4/25 米国株の持ち株の損益状況は、こんな感じです。

コロナショックで大分下落しましたが、放置しています。4月に配当の入金がありました♪♪

「SELL IN MAY」近づいていますが、放置の予定です。



口座区分
ティッカーコード 銘柄名 保有数量[株] 現在値[USドル] 損益率[%]
特定口座 VOO バンガード・S&P 500 ETF 244 260.14 -13.69
特定口座 VCR バンガード・米国一般消費財・サービス・セクターETF 41 169.46 -18.01
特定口座 VGT バンガード・米国情報技術セクターETF 26 233.89 -15.75
特定口座 VPU バンガード・米国公益事業セクターETF 46 127.9 -18.24
NISA口座 VOO バンガード・S&P 500 ETF 26 260.14 -15.87
合計額〔円〕 9,588,101
円/USD
107.55

コロナの患者数と糖尿病の患者数の関係は、あるか?
疑問になったので、調べました。下のグラフを見てください。

20200413


結論は、こうでした。

「糖尿病の患者数」と「コロナの患者数」は、関係ない。

以上です。お疲れ様でした。

↑このページのトップヘ